世界の名水、奇跡の水


世界各地には飲むだけで難病が治ると伝えられている不思議な水があるのをご存知でしょうか。

フランスのピレネー山脈のふもとから湧き出るルルドの泉、メキシコのトラコテの町から湧き出るトラコテの水、ドイツのノルデナウ地方の洞窟から湧き出るノルデナウの水、インドのデリーの約150Km北にあるナダーナの水など、世界には難病が治ると評判から奇跡の水と呼ばれている水があります。
ルルドの名水

奇跡の水と水素の驚くべき関係

奇跡の水の正体とは

これらの奇跡の水には、なんと1日に数千人がその水を求めて殺到するといわれていますが、その秘密はどこにあるのでしょう。

これらの奇跡の水を調べて判明したのは、世界各地の水に共通して活性酸素(O)を消去する高い還元パワーをもっている水素(H2)がたっぷり含まれているということでした。
通常の水にはわずか0.1ppbしか入っていない水素がこの奇跡の水と言われている水には1ppb入っていることが判明したそうです。

1ppmは1000ppbなので、現在売られている水素水に比べると1000分の1しか水素が入っていない水でも昔から何かしらの効果・効能があり、その結果『奇跡の水』と言われている。このことを踏まえると水素には驚くべき効果が昔から知られていて、現在売られている水素水がいかに効果・効能があるのかが簡単に想像できますね!