水素水についてのQ&A


水道水は清潔なのですか?

水道水には有害物質や最近などの病原体が混入しないように、厳重な検査が行われています。水道水というのは、浄水場の近くにある、河川や湖などから取水をしますが、近年、河川の汚泥などが進み、本当にきれいな水を取水するということはできなくなってしまいました。
そのために、急速濾過法により、浮遊物を沈殿させ、塩素消毒を行ってすべての家庭や事業所に配水を行っています。
水道の水はカルキ臭がしますが、これは塩素と水に残ったアンモニアが反応し、三塩窒素という化合物ができ、あの臭いになるのです。
もちろんこうした化合物が味そのものをそこなう原因ともなっています。
しかしながら、水道の元となる河川や湖の汚濁が解消されない限り、塩素消毒をやめるわけにはいかないのです。

普通の水には水素は溶け込んでないのですか?

水素というのは宇宙に最初にできた元素であり、宇宙を構成する元素の中でも、一番多いものなのです。元素番号では1、電子は1つ、もっとも軽い物質なのです。原子状水素は活性があり、すぐにH2の分子形になるのです。
H2は他の原子や分子と結びついた形で地球上に存在しています。水はH2Oですので、水素がたくさんあるようですが、この形は非常に安定しているために、水素の特質を見ることはできないのです。
水素原子や水素分子は単体として、普通の水の中にはほとんど存在しないのです。

水素を取り入れることでの副作用はないのですか?

まったくありません。
宇宙の中で最も多い元素といわれるくらい、水素はすべての元素の基本となるような物質で、危険性はないのです。

水素は一日どれくらい飲めば効果があるのですか?

金額などもあるので、まずは1日500mlを目安に飲み続けてみましょう。なによりも毎日飲み続けることが大事なのです。水素水は水素の溶存量が多いことが大事なのです。 一か月毎日飲み続けるとすこしずつ効果が表れてくるでしょう。