水資源に恵まれた日本


日本ではかつて「水と安全はタダ」といわれてきました。
この言葉は2つの視点からいわれたものでした。

まずは欧米などの先進国からの視点。欧米ではイギリスを除けば、水道水はほとんど硬水です。そのまま飲むことはできず、石鹸を使っても泡が立たないほど硬度の高い水道水の地域も少なくありません。そのために飲む飲料水は「買って飲む」のが当たり前なのです。
また、衛生事情が悪く、水道の整備自体ができていない地域の国々から見れば、日本の水道は衛生面から見ても恵まれているといえるでしょう。

どちらかの視点から見ても、日本は水資源に恵まれ、水道水をそのまま飲める国です。他にも名水と言われるおいしい湧水が各地にあり、水に関しては世界で最も豊かな国なのです。