水道水の不安から水素への健康効果


世の中が便利で住みやすくなるにつれて、反比例するように水道水に関しては色々な批判が起きています。
水道水の水は殺菌することによって安全に飲めるようになりますが、 使われている塩素が「カルキ臭」となて味を損ねています。

実際水道水を直接飲んでいる人は今の時代もう少なくなっているのではないでしょうか。

水道水からミネラルウォーターを買う時代へ

日本のミネラルウォーター市場
1980年代にはミネラルウォーターを買って飲むことが一般的になり家庭では水道に浄水器を付けるようになりました。
今の時代日本では水はお金を払って買う時代になったのです。水の研究がずっと続いてきた背景には、日本人の水に対する不安があったからなのでしょう。
水に対する不安にこたえるように、様々な水やその生成方法が提案されてきました。

ここ数年で水素水の研究が盛んに行われている

例えば、アルカリイオン水、マイナスイオン水、波動水、電磁水、ミネラル成分が含まれた湧水など、どこでもたくさんの種類の水が売られています。

このように続いてきた水研究がここ数年でポイントを絞って「水素」という物質にシフトしてきているのです。

特に水と健康の第一人者である九州大学の白畑教授は活性酸素の害を排除するために水素、特に活性酸素の生成について研究を続けています。
2004年8月10日の産経新聞大阪朝刊では「体の”サビ”を落とし老化を防ぐ」との題名で、水素が豊富にふくまれる水について紹介していました。
その内容によると、まず、病気を起こしたり人間を老化させる原因として活性酸素という物質があげられます。活性酸素が人間の細胞を酸化させることが問題であるならば、それを水素によって中和(酸化から還元)してしまえば害は取り除けるというのが博士の理論になります。

この理論に共鳴した多くの医師や研究者が、活性水素水の効果を医療の現場に取り入れたり、独自に研究を展開し、水素水の研究はどんどん進んでいるのです。