水素は一番効率のよい抗酸化物質


水素が活性酸素を消去してくれるなら、それはあらゆる抗酸化物質よりはるかに効率のよい抗酸化作用をもたらしてくれるといえるでしょう。

なぜなら水素は、活性酸素とダイレクトに結びついて、存在そのものを消してくれるのです。活性酸素と水素が結びついて水になれば、水の成分として酸素は存在するのですが、周辺を酸化してしまう活性酸素は消滅するのです。

私たちの体内で一番抗酸化力が強いのは酵素

抗酸化物質

一方、活性酸素を分解するSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)という酵素があるのです。この物質は活性酸素であるスーパーオキサイドラジカルを、過酸化水素と酸素に分解してくれます。
大変有益な物質ですが、細胞内部に多く存在しているために、細胞の外からの活性酸素の影響には弱いといわれています。
しかも老化に伴ってSODの働きは衰えてしまいます。
また、抗酸化物質を多く含む食品を食べるという方法は、確かに健康全般にとってはよいでしょう。ビタミンやミネラルなどの栄養素は、どちらかといえば補助的なものであって、活性酸素を強力に抑え込んだり、働きを停止したりする力は持っていません。どれだけの活性酸素を消去できるかといえば、少々心細いといわなければいけません。

活性酸素が発生するどんな場所でも水素は入り込める

一番効率の良い抗酸化物質は水素

その点水素は、今日様々な研究が進み、取り入れやすい形の物質が開発されてきたので、私たちは意識的に取り入れることができます。効果の期待できる一定量を取り入れることが可能なのです。
水素水をSODなどの弱点である外部から入り込ませることができます。細胞の外の活性酸素にも有効だと考えられます。
さらに化学物質にたいしても有効なのです。水素水は、活性酸素が発生するどんな箇所でも入り込むことができます。
このように活性酸素の存在そのものを消去できる水素なのですが、実際にはどのようにして体の中に取り入れたらいいのでしょうか?
最大の効果を得るための方法は水素水なのです。
なぜなら、わたし達の体の中でおきているいほとんどの化学反応は、水にとけた状態で起きているからなのです。水がなければ、科学反応は起きにくく、水素を活性酸素に接触させることもできないのです。水の中に溶けてる状態の水素が一番吸収しやすく、全身の隅々の細胞まで水素を送りこむことができるのです。
水素水を飲むだけで活性酸素を除去してくれるのですから、私たちには手軽にすることができます。