水素水といっても使用されている水によって硬度が異なる


硬度について
硬度とは水の微量に含まれるカルシウム(Ca)、塩やマグネシウム(Mg)の濃度をある方法で表現したものです。
本質的には物質量濃度=物質量÷体積ですが、1種類の塩に換算して質量濃度=質量÷体積で表されます。

この数値が高いものを硬水、低いものを軟水と呼びます。わかりやすく言えば、カルシウムとマグネシウムがたくさん入っている水が硬水、少ない水が軟水ということです。
硬度が低い水を軟水(1~100)、高い水を硬水(300~)といいます。

軟水は炊飯や和風だしをとるなど、日本料理全般、緑茶を入れるのに適しています。
硬水はスポーツの後のミネラル補給や、妊産婦のカルシウム補給、そして便秘解消やダイエットにも役立ちます。