水素水の効果について


最近、テレビの特集番組で紹介されたこともあり、「水素水」という言葉をよく聞いたことがあると思います。
水素水が病気の予防や治療面での効能効果がある水として、医療分野のみならず、健康分野やダイエット分野など各分野からの大きな注目を浴びています。

ところで、水素水とはどんな水なのでしょうか?

水素はとても軽い元素で、通常の水には含まれていません。水素を元素の状態で豊富に含んでいる水を水素水といいます。
その水素水が、様々な病気の予防や治療の効能効果がある画期的な水として、最近、にわかに各方面から注目を浴びているのです。

では、なぜこの水素水が病気の予防や治療面での効能効果があるのでしょう?

水素水を摂取すると、水素水に多く含まれている水素が体の中の活性酸素を排除し、その悪玉としての活動を防ぐ働きがあることがわかってきたからなのです。
この水素水の水素の働きにより、水素水には悪玉活性酸素が引き起こしていた、様々な生活習慣病や、がんなどの様々な病気の予防や治療に効能効果があると期待されているのです。

DNA損傷の抑制~川崎医療福祉大学大学院~長尾憲樹先生

ここである実験結果を紹介します。

検証方法

運動選手の2つの水をそれぞれ別々の週に1回330ml、1回3回、1週間ずつ飲用してもらった。

①水素水
②ミネラルウォーター

DNAが活性酸素により損傷を受けると酵素によって修復される。この行程において排出される物質が、8-OHdG(ハチ・オーハディージー)であり、 血流を介して尿中に排出される。この物質の尿中排出量(生成速度)を測定することで、DNAの損傷の度合いを観測。
※8-OHdG(8-hydroxydeoxyguanosine/8-ヒドロキシデオキシガノシン):DNAの損傷マーカー

比較方法

男子大学生7人(短距離選手4人・長距離選手3人)に対して、水素水を摂取して運動した場合と、ミネラルウォーターを摂取して運動した場合それぞれの8-OHdGの尿中排出量(生成速度)を一週間計測する。

検証A

被験者7名について 被験者7名の一週間(月~土)の蓄尿により産出した8-OHdGの生成速度の比較

個人差はあるが水素水を摂取して運動した場合、全員の8-OHdGの時間の排出量(生成速度)が低下していることが分かる。

検証B

被験者Dについて 被験者Dにおける一週間(月~土)の8-OHdGの生成速度の比較

検証結果

以上のことからミネラルウォーターを飲んで運動した場合と比較すると、水素水を摂取して運動した場合の方が、8-OHdGの尿中排出量の数値が20%減の数値を示すことがわかった。
つまり、水素水を飲んで運動するとDNAの活性酸素(ヒドロキシラジカル)による損傷を軽減しているということになる。
このことから運動選手が、過酷なトレーニングや極限状態の試合、競技会などで、自身の肉体にストレスをかけた結果起こるDNA損傷を軽減し、肉体的疲労を抑えることに利用できるといえる。