あのイチロー選手も飲んでる?水素水はスポーツ業界でも大活躍


イチロー選手が水素水を持って行ったことがスポーツ紙で報じられました。

日本から大量にアメリカへ持ち帰っているとか。
体を人一倍気遣っているイチロー選手が水素水を飲用しているのは納得です。

~~~~~ヤフーニュースより~~~~~~~
超満員のドームが大きく揺れた。
こんな姿を見たかった。こんな快音を聞きたかった。
2次ラウンド進出を決めたイチローは「今日決めたかったですからね、それが達成されてよかったと思います」と表情を緩めた。
強化試合を含めて16打席連続無安打だったイチローのバットがついに火を噴いた。
初回。カウント1-0から、北京五輪で日本が苦しめられた”日本キラー “左腕、金広鉉の2球目、内寄りカーブをライナーで右前へ運んだ。
地鳴りのような歓声を一身に浴びて「懐かしい感じがしました」。
この一打に中島、青木が続く怒濤(どとう)の3連打で先制のホームを踏んだ。
真骨頂はここからだ。
一回裏に松坂が2ランを浴び、1点差に詰め寄られた二回無死一、二塁の場面で初球をセーフティーバントで三塁線へ転がした。
「ランナーを前に進めることを最優先に考えた。あのサイズ(体格)でサードを守っているのは見たことないし」。
三塁手の身体能力を冷静に見極めての”技あり打” が、勝負を決定づける村田の一発を呼び込んだ。
先頭打者となった四回は中前打で出塁すると、今度は中継ぎ左腕のチャン・ウォンサムから楽々と二盗成功。
カウント2-2。ストライクを投げることに集中したい投手心理を突いた頭脳プレーの直後に、3点目のホームを踏んだ。
「ぼくはぼくの野球を体現するだけです」
イチローがそう力強く言ったことがある。
打って走るだけでなく、相手の心理を読んだプレーで1点を取りに行く
宿敵・韓国を相手に思う存分、イチローの野球を実践してみせた。
メジャー9年目。大きな故障は一度もない。
しかし、それはもって生まれたものではなく、日ごろの鍛錬だけによるものでもない。
肉体にいいものを吸収しようといという貪欲さがあるからだ。
昨季から抗酸化力が高い水素水を愛飲し始めた。
今オフからは疲労回復に役立つ酸素カプセルも使用し始めた。
その取捨選択をできる感性をイチローはもっている。
コールド勝ちで韓国を完膚なきまでに叩きのめしたが、試合中も試合後も感情を見せなかったイチローは言った。
「まだアジア予選。とりあえず、アメリカでゲームができるようになった、ということだけ。大きな感情がくることの方が不思議に感じます」
冷静なチームリーダーがたくましく見えた。
一部の医療現場では水素を添加した水やサプリメントが活用されているが、アスリートの疲労回復にも、水素が注目されているのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
体内でエネルギーを作り出すために酸素は欠かせません。
しかし、老化や病気を引き起こす原因といわれる活性酸素にもなることも知られています。
活性酸素はストレスや紫外線、運動、電磁波など、日常の要因によって発生し、「酸化」という形で、細胞やDNAなどにダメージを与えます。

飲料や食品、化粧品などに添加されることの多いコエンザイムQ10、カテキン、ポリフェノールなどの機能性物質。これらに期待されるのは、「抗酸化力」なのです。

水素はこれらの物質よりもはるかに高い抗酸化力を持つことで注目されています。