放射能の影響で体内に発生した活性酸素を水素水が除去


放射能と水素水の話題が週刊誌にて発表されました。

雑誌本文ーーーーーーーー
放射能はなぜ身体によくないのか。
一般的に、放射能は有機水銀やヒ素のように、体内に蓄積されて、毒が身体をむしばんでいくと考えてる人が多いようである。
しかし、それは真実ではない。
簡単に説明すれば、放射線は体内に入ると水分子と反応し、活性酸素を生み出す。
厄介なのは、この活性酸素が体内のDNA(遺伝子)を破壊する作用を持っていることだ。
活性酸素は普段から呼吸した酸素の約1~2%は副次的にうみだされている。
これらの作用により、人間は一日10万か所くらいのDNAが自然に壊されているが、
ほぼ、同数が再生される。
ところが、被ばくすると、さらに余分な活性酸素が生まれ、DNAが余計に破壊されてしまう。
DNAの再生が追い付かなくなるくらいに、その破壊が多くなった場合にだけ、がんなどの重大な障害を引き起こすのである。

つまり、99年におきた東海村JCO臨界事故のような、一度に大量被ばくする事態は例外として、
余計に発生した活性酸素でさえつぶすことができれば、少々の放射線を浴びてもがんになったりはしない。
福島原発の極々間近にいない限り、まったく問題はないのである。

ーー中略ーーー

その他にも、微量の放射線はがんを抑制するという研究は多数あり、
むしろ専門家のあいだでは常識となっている。これは筋力トレーニングをすると筋肉が鍛えられるように、
人間に備わった修復力がある程度までは損傷されると強化されるからである。

とはいえ、成人した人間はあまり過敏になる必要はないが、
胎児や乳幼児はDNAが増えている途中なので、放射線の影響を大人よりも受けやすい。

ーー中略ーーー

太田教授は2007年5月、水素が体内の活性酸素をなくし、動脈硬化、がん、脳梗塞など
生活習慣病対策に大きな効果があるという研究結果を「ネイチャー・メディシン」などで発表している。
これまで水素が医学的に効果があるという結果をほうこくする論文が、各国から100本以上寄せられているが、
そのさきがけとなったのが太田氏だった。

水素水ときくとうさんくさい印象をもつ人もすくなくないだろう。
水素は水に溶けにくいというイメージがあるし、インチキな業者もすくなくないからだ。
だが、水素は酸素と同じくらい水にとけ、安心な水素水が既に流通している。
そして、活性酸素を退治するのに、水素ほど効果があるものはない。と私は信じている。

「NASAでも水素水を研究」

これらは何も私ひとりの考えではない。たとえば、昨年中国、上海の第二軍事医大がまとめた研究。

マウスの集団に放射線で急性大量被ばくをさせ、
2つの群にわけた。
一つは水素がとけてない普通の水を飲ませた群。
もう一つは水素水を飲ませ続けた群。

すると、普通の水をのませた群は10日ほどで9割5分が死んだが、水素水を飲ませた群は2割しか死亡しなかった。

あるいは、米ピッツバーグ大学でのネズミの臓器移植の研究。
通常、臓器移植の際、免疫抑制剤を使わないと免疫抗体で拒絶反応が出て、8割以上は死ぬ。

ところが、この実験では水素水を飲ませた群は免疫抑制剤なしで7割が生き残った。

NASAでも放射線対策に水素水の研究をはじめている。

活性酸素の主成分である、ヒドロキシルラジカルという物質は、水と結びつくと化学反応で消滅する。
また、水素は分子サイズが小さいので、どこの部位や期間にも透過していく。

そこで体中に散らばる活性酸素をつぶしていけるのも強みである。

水素水は大手飲料メーカーでも出しているので関心をもたれた方は一度飲まれてみるといい。
ちなみに水素はプラスチックボトルでは透過して外に出てしまう。
ペットボトルに入れて販売していう業者があったら、それこそ怪しいものか、
わたしのしらない特殊技術を開発したかのどちらかであろう。

「放射能に勝つ」食材も水もあるのだ。 たとえ、原発からの放射線物質放出が長引いたとしても
あわてる必要はない。

また、科学的根拠のない風評被害は人災である。
ぜひ、冷静な対応で風評被害を助長しないようにお願いしたい。

               本文引用終わり」