水素水容器の選び方について


現在、水素水はプラスチック容器のもの、アルミパウチ容器のもの、アルミボトル容器のものと様々なタイプのものが市販されています。そのため、「一体どれを選べばいいの?」という声もよく耳にします。こちらでは、そんな水素水の選び方をご紹介しています。

アルミパウチは水素を透過しにくいため、中期間に渡り水素を含有させたまま保存することができます。また空気を抜いて小分けに保存することも可能です。その日中に飲むことが前提となります。製造工程上1番多くの水素を含有させることができます。

アルミパウチよりも水素を透過しないアルミボトル缶。長期間に渡り水素を豊富に含有させたまま保存することができます。大量生産が可能なため安価です。ただし、一度開けたら飲みきってしまわないといけません。

ペットボトルなどのプラスチック容器の場合、すぐに水素が容器を透過してしまいます。容器内の水素を長時間保つことは、プラスチック容器では難しいでしょう。