動脈硬化の根本の原因である活性酸素を水素水が除去


動脈硬化って何で起きるの?

生活習慣病の一つである動脈硬化。血液や血管の酸化が進むと、様々な病気が起こりやすくなります。特に深い関係にあるのが動脈硬化です。

血液の中にはコレステロールを運ぶLDLという物質が存在しますが、これが増えすぎるとバランスが壊れ悪玉コレステロールと呼ばれるようになります。
この時、たまったLDLを排除しようとして免疫細胞が働きだすのですが、排除するために生産するのが活性酸素なのです。
これでLDLは酸化し、悪玉コレステロールとなり、動脈の内側にこびりついて血管の内部を狭くします。

血管が狭くなると血流が悪くなり、たまったり詰まったりしやすくなります。
これがご存知の動脈硬化です。

コレステロール自体は悪くない

コレステルールにはHDLとLDLがある。

コレステロールについて少し付け加えると、コレステロール自体はホルモンや細胞膜を作る非常い大切な材料です。不足すると大変です。
これを血液に乗って全身で運んで回る運搬係がLDLというリポ蛋白。LDLが過剰になった時に回収して運ぶのがHDLというリポ蛋白です。
ところが、LDLが増えすぎてHDLの回収が難しくなると、LDLが滞って動脈の内側にへばりつき、活性酸素の為に酸化していきます。
これがいわゆる悪玉コレステロールです。(LDL自体が悪玉なのではありません。)

活性酸素を取り除くことが一番大事。

動脈硬化

こうして狭くなった動脈は、だんだん固くなり、つまったり破裂しやすくなったりします。
動脈硬化は発生する部分によって症状や重度が異なり、足の動脈に起きると閉館性動脈硬化といい、足のしびれや痛みが起きます。
脳の血管で発生すれば脳梗塞、心臓で起きれば心筋梗塞です。
いずれも命に係わる重病ですが、元をただせばLDLが活性酸素によって酸化することが根本的な原因なのです。
したがって、水素を体内にとりいれることによって、その根本を取り除くことができるといえるでしょう。