お肌のターンオーバー


お肌のメカニズムの章で説明した通り、お肌にはターンオーバーと呼ばれるお肌の生まれ変わりの周期があります。角層以下の表皮がお肌の生産工場なのです。
ということは、ここの部分でお肌の細胞が作られ、そして次々に生まれ変わっているのです。この一連の流れをターンオーバーと呼びます。

表皮の一番下にある基底層で、新しい細胞が生まれ、約28日かけて角層へとあがっていきます。最後は垢となってはがれ落ち、その細胞の役割は終わりです。たとえ、表皮が傷ついたり、乾燥したり、日焼けをしたとしても、
細胞が絶えず入れ替わっているので、健やかな状態に戻せるようになっているのです。

しかし、年齢を重ねるにつれて、ターンオーバーは遅くなっていきます。40代になると約40日もかかるといわれています。傷の治りが遅くなったり、シミができやすくなったりするのはそのためです。その、逆に病気などので、ターンオーバーが早まり過ぎると、皮がむけることもあります。ターンオーバーは早くても、遅くてもお肌は美しくはなりません。

健康な角質細胞をしっかりと作り出せるように一定のサイクルを保つことが美肌への第一歩となるのです。