化学物質などの原因物質


アトピー性皮膚炎の発症、悪化の原因は人によって様々。
一概にこうだと判断することは難しいのです。
医者や研究者がよく指摘する要因のひとつとして、
化学物質とアトピー性皮膚炎の因果関係なのです。

アトピー性皮膚炎は、戦後になって急激に増えたと言われております。
高度経済成長によって食事情が豊かになり、
物質的にも恵まれた便利で快適な生活と引換に、
多くの化学物質が私たちの生活に入り込んできました。
現在では大気中や建材、化学繊維の衣料、生産過程で化学処理される加工食品(農薬、添加物など) 水道水など暮らしとは切っても切り離せないところに、
数多くの化学物質が氾濫しているのです。
化学物質とは「人工的に合成された物質」のことです。
本来自然界には存在しえなかった物質には、
人体にはとっても有害なものが数多く存在しているのです。
化学物質を多量摂取した場合は中毒症状を引き起こしますが、
微量を継続して摂取したり触れたりした場合には、中毒症状を引き起こす前の警告信号
治癒力発動のサインとしてのアレルギー症状を引き起こすことがわかっているのです。
これがアトピーの要因の一つと言われ、症状が悪化する原因にもなっているのです。